OUR PEOPLE / 社員紹介

寿司職人
曽我部 智
  • 亀すし 総本店
  • 奈良県立大和広陵高等学校出身

寿司職人に必要なこと。

どんな人にも素晴らしいところがあって、いい仕事をする人は多いのでいいところをしっかり盗んでほしいですね。
そうやって素直に吸収していく人が伸びていくとおもいます。センスと要領、ガムシャラ感は絶対必要です。「なにくそ」と思えることが大切です。

挨拶と返事がしっかりできれば、あとは努力と経験でなんとかなります。本当にやる気のある人に入って来て欲しいです!そうすれば、お店もより活気づけられます!

UPDATE:2017.08.31

Original

お客様に長く愛される大衆の寿司屋です。

お客様の1/3が常連さん、1/3が一見さん、1/3が外国人の方で、いろいろな方が通ってくださる大衆のお寿司屋さんです。常連さんには決まった職人の前に座ってくださる方も多いですし、20年前からずっと通ってくださるお客様もいらっしゃいます。昔は家族で来ていた小さな子どもが大学生くらいになって一人で食べにきてくれたり。。。

これからも長く愛される職人で、長く愛されるお店でありたいです。

UPDATE:2017.06.29

Original

気付けば入社から20年

高校の時から寿司屋でアルバイトをしており、そのまま他の寿司屋に就職し、その後27歳の時に知り合いの紹介で亀すしに入社しました。入社前まではいろんなお店を転々としていましたが、ここでしっかり働いて行こうと思い、20年間働き続け今に至っています。
この仕事を選んだのは、喋るのがあまり得意ではないので、技術で勝負したいと思ったからです。昔は仕事終わりに先輩と飲みに行ってそのまま朝の仕込みに行き、その後仮眠をとって店を開けるなど、きつくもあり楽しく遊びも仕事も全力で、それが面白かったですね。今は時代も変わり、そういったことはありませんが、後輩へ指導するときはしっかり寄り添うことを意識しています。

UPDATE:2017.05.01

Original

もっと見る