専門学校生・卒業生の就職サイト

OUR PEOPLE / 社員紹介

取締役
松岡 徹
  • 本社
  • 修成建設専門学校出身

仕事の後は走ってメリハリを

プライベートでは4.5年前からランニングを頑張っています。大阪のハーフマラソンにも毎年出場。もともとは健康のために走り始めましたが、今はもっぱらタイム短縮のために走っています(とはいっても、タイムをキープするのが精一杯 笑)。トレーニングは土日中心。平日も一日おきに、仕事の後7~8キロ走っています。ランニングのおかげでメリハリがついて、仕事もいいリズムでできている感じがしますね。
家では家族のリクエストに応え、日曜大工をすることもあります。子供の頃からプラモデルづくりや工作が好きだったので、ものづくりは苦になりません。家族が喜ぶ顔をみるのも嬉しいですよ。

UPDATE:2020.06.04

私が御堂設計で働き続ける理由

振り返ってみれば、入社して今日まで辞めたいと思ったことは一度もありません。マイペースでできる仕事が自分に合っていたのでしょう。職場環境も快適で、とくに人間関係では全く気を遣ったことがないと言ってもいいくらい。先輩たちはよく食事に誘ってくれましたし、私の話にじっくり耳を傾けてくれました。
御堂設計の社員は昔も今も、どちらかというとおとなしくて、穏やかな人が多いと思います。あとは、みんな真面目ですね(笑)私も自分がしてもらったように、新入社員のみなさんには丁寧に仕事を教えてあげたいと思っています。そして自分を担当してくれた先輩のように、何が起こっても慌てない、そんな人になりたいですね。

UPDATE:2020.05.13

有名な建物から地域の公民館まで

大規模なプロジェクトでは、ゼネコン他数社からメンバーが集まり、ひとつのチームとして進行していきます。私の仕事は設計図書(図面と仕様書をあわせたもの)を作りあげること。日本を代表する建造物を手掛けることもあり、誇らしい気持ちになります。
一方で自社案件は、小規模でも一切の責任を自分が担う点でやりがいは大きいです。初めて担当した店舗や公民館の仕事は今でも覚えていますし、何より施主さんと共に喜びを分かち合えるのが嬉しい。いろんなスケールの仕事に携わることができるのも、御堂設計の魅力だと思います。

UPDATE:2020.04.15

趣味感覚で資格取得

二級建築士の資格は専門学校を卒業した年に取得。一級はその10年後、ふと受けたくなって取得しました。他にはマンション管理士資格も取りました。
自分にとって資格取得は、挑戦というより趣味に近い感覚です。資格をとることを推奨する会社も多いと聞きますが、御堂設計では「資格がない=肩身が狭い」ということがないため気楽に取り組めたのかもしれません。プレッシャーを感じることなく勉強できる、ありがたい職場環境です。

UPDATE:2020.03.25

もっと見る

ENTRY 応募